ICLのいわゆる光の輪って何

ICLのいわゆる光の輪って何

光の輪ですのでは、ICLを行ってから現れることがあげられます。光の輪が膨らみ、その後大きくなっていくことにしますが、円の途中が途切れている場合もあります。半分以上欠けていることもあるでしょう。光を見ているはずなのに、光の輪が見えない、ということもあげられます。光が目に入ってくる角度によって光の輪にも見え方が色々なようです。視界の中央にあるあるにも関係せず、光の輪は見えない。しかしながら、視界の下、上には見える、ということもあげられます。人工的な光だけででではなく、太陽の光でもひかりの輪は出来る。窓に差し込む光などを見た時に、光の輪が窓の枠外にできる場合もあるのです。ていると、光の輪が窓枠の外側に大きく出来ることきがある。光源が多ければ、その数の光の輪が見えますようになるんです。ライトをつけた状態で天井を見上げると電球の数の光の輪が可視化になります。夜の方が光の輪ははっきりと可視化になるんです。夜にスマホの画面を見つめているとその明るさ次第で、スマートフォンの外側部分には光の輪が見えますようになるんです。外側だから、スマホの画面内の文字や動画の閲覧におきまして邪魔になることがありません。ライトが動くならば光の輪も同じように動きます。ライトに対して光の輪が見えますので、それが動くそしたら光の輪も動きますが、あくまでもライトの周りに同じ間隔でついていくのではないです。では、どうして光の輪が見えますのでしょうか。そもそも、どうしてICLのレンズを入れると光の輪が見えますのだろうか。それは、レンズの中心に穴が空いているからです。この穴は眼内を通る房水の流れをレンズが邪魔しないように、その通り道として開けられていますのです。この穴が眼圧が上がるのを防ぐために重要な役割をしているのです。その代償として穴を通して映っている視界に光の輪が可視化になるのです。光の輪が目に持ち込んだら気になるのか、我慢出来るのか、不安になるのも分かりますが、結論からいえば気に触る人もいればなることがない方もいます。

page top